オーバーロード 2期 3話 ネタバレ&あらすじ&感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

オーバーロード最新作13巻が予約開始です!

↓↓オーバーロード 原作小説最新13巻の予約はこちら↓↓
オーバーロード 13巻 小説

アインズ・ウール・ゴウン死す。

四万の亜人連合の軍勢に包囲された聖王国。

聖王国最強の聖騎士レメディオスの指揮のもと、防衛作戦が実行されるも疲弊した人間軍は亜人の蹂躙を止められない。

王としての約束を果たすため、魔導王アインズは魔皇ヤルダバオトとその配下メイド悪魔にたった一人で立ち向かう。

そして――

紅蓮の炎につつまれた聖王国は救済されるのか――正義に導かれる13巻。

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ あらすじ 感想

オーバーロード 2期 3話のネタバレ・あらすじ・感想をまとめます。

今回はかなり話のペースが速く、ザリュースとゼンベルとの闘いから第一回目の戦争終結までを一気に駆け抜けます。

本記事では3話のネタバレを含むので、まだ視聴してなくてストーリーを知りたくないと言う方は読まない方がよいですよ。

それではネタバレにいってみましょう!

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ&あらすじ|予告映像

第 3 話「集う、蜥蜴人」Lizard men,gathering

リザードマンの中で最も屈強な《竜牙(ドラゴン・タスク)》族。その族長ゼンベルは、同盟を求めるザリュースに対して一対一の戦いを求める。戦いに応じたザリュースは、なんとか勝利を収め、心強い味方を得る。そしてすぐにゼンベル、クルシュとともに“一番目の死の供物”に指定された《鋭い尻尾(レイザー・テイル)》族の村へ向かう。そこには、すでにシャースーリューをはじめ、各部族のリザードマンたちが集結していた。

脚本:武井風太/菅原雪絵 絵コンテ・演出:そえたかずひろ 
作画監督:新中野明美/北村友幸/村谷貴志

公式サイトより

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ&あらすじ|ゼンベル

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ あらすじ 感想

ドラゴンタスクの族長であるゼンベルと闘うことになったザリュース。

ゼンベルは自分が殺されたら次の族長はザリュースだと宣言する。

激突する二人のリザードマン。

ゼンベルは始めハルバードを使って闘っていたが、ザリュースのフロストペインにより早々に弾き飛ばされる。

勝負が決まったかに見えたが、ゼンベルは鋭い爪でザリュースに傷をつける。

ゼンベルは己の体を使って戦うモンクこそが真の戦い方だったのだ。

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ&あらすじ|フロストペイン

ゼンベルの爪による激しい攻撃をザリュースは氷の魔法剣『フロストペイン』でいけ続けた。

ザリュースの不利に見えたが、ゼンベルは次第に体が冷気で冷え、動けなくなる。

遂に限界を迎えたゼンベルはザリュースに降参をするのだった。

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ あらすじ 感想

夜になり、宴で酒を飲みながら詳しい話をしたザリュースとゼンベル。

ゼンベルは始めからアンデットと闘うつもりだった。

ゼンベルはザリュースに勝てるのかと尋ねるが、ザリュースはわからないと答える。

それでも、支配を拒み、闘う決意を示す。

クルシュはザリュースに死なないでと願い、ザリュースはプロポーズの答えを聞くまでは死なないとクルシュを見つめた。

ゼンベルは突然二人の世界を作られ、居心地を悪くするのだった。

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ&あらすじ|5部族連合

ザリュース、クルシュ、ゼンベルはロロロに乗って一番目にアンデットが襲うと予告したレーザーテイルの部族に移動した。

5部族が集まり、対策を話し合うことに。

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ あらすじ 感想

スモール・ファングの族長の偵察により、敵は5,000のアンデットであることが判明する。

リザードマンは1,300で、3倍以上の敵と戦うことになる。

ザリュースは強敵が出たときのため、族長を中心に精鋭部隊を作ることを提案した。

期日になり、リザードマンの様子を伺っていたコキュートスは、アンデットたちに進軍を命じる。

アインズはコキュートスが当初の作戦通りにアンデットを動かしたことに軽く失望を覚えた。

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ&あらすじ|戦争の始まり

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ あらすじ 感想

予告された日になり、暗雲が立ち込め、アンデットの軍勢が現れた。

5部族のリザードマンの戦士たちはグリーンクロウの族長の号令のもと、気勢を上げてアンデットに立ち向かう。

アンデットとリザードマンの両軍がぶつかり、激しい戦闘になるも、士気が高く戦略的に戦うリザードマンに対し、アンデットは数に任せて攻めるだけだった。

次第にアンデットの軍勢は崩される。

このままでは負けることを悟ったコキュートスは、デミウルゴスに対し知恵を借りようとメッセージの魔法を使う。

デミウルゴスに相談するも、通話の途中でデミウルゴスは急に話を打ち切ってしまう。

もはやあとがないコキュートスは、切り札であるエルダーリッチに出撃を命じた。

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ&あらすじ|エルダーリッチ

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ あらすじ 感想

終始アンデットを圧倒していたリザードマンだったが、突如として強力な魔法を使うエルダーリッチからの攻撃を受ける。

一般の戦士たちでは歯が立たないと判断した族長たちは自分たちが出ることに。

しかしエルダーリッチの使う魔法は射程が長く、近寄りようがない。

どうするか悩むザリュースのもとにロロロが協力しようと現れた。

ザリュース、ゼンベル、クルシュはロロロの背に乗り、ロロロを盾にしながらエルダーリッチのもとまで一気に近づく。

ロロロが力尽き、ザリュース、ゼンベル、クルシュがエルダーリッチに突貫した。

エルダーリッチは配下のアンデットを呼び出すが、ゼンベルがこれを引き付け、ザリュースはエルダーリッチとの一騎打ちまで持ち込むことに成功する。

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ&あらすじ|束の間の勝利

ザリュースはエルダーリッチの執拗な魔法攻撃に傷ついていた。

クルシュの回復魔法によって回復するも、倒れたゼンベルとクルシュに対してエルダーリッチが攻撃を当てようとしたため、盾となるためアイシーバーストの魔法で氷を発生させる。

しかし魔法の効果範囲に自らも入ってしまい、冷気を浴びてしまう。

視界が冷気でさえぎられる中、油断したエルダーリッチの頭部にザリュースはフロストペインを突き立てた。

それでも倒れないエルダーリッチはザリュースの首を絞めにかかるが、ザリュースも最後の力を振り絞り、エルダーリッチの頭部に刺さったままのフロストペインに拳を叩きつけてエルダーリッチの頭を貫いた。

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ あらすじ 感想

エルダーリッチはアインズへの謝罪の言葉とともに滅び去るのだった。

リザードマンとの戦争が敗北に終わったコキュートスは、見届け役のエントマからアインズがコキュートスを呼んでいると告げる。

コキュートスはリザードマンを惜しみながらアインズのもとに向かった。

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ&あらすじ|ぷれぷれぷれあです2

オーバーロード 2期 3話 ネタバレ あらすじ 感想

03話 「集う、幹部」

アインズは大会議室で各部署の責任者と面会する。

大会議室にいたのは

  • 第1~3部署部長 シャルティア
  • 第5部署部長 コキュートス
  • 第6部署共同部長 アウラ&マーレ
  • 第7部署部長 デミウルゴス

だった。

各自が自由な服装に驚くが、アインズ自身が各自が最も効率よく仕事ができる服装でよいと命じたことを知らされる。

アインズはコキュートスの服装について疑問に思うが、コキュートスは「全裸です」と答える。

それに対しアルベド、シャルティアも負けじと脱ごうとする。

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 3話 感想|本編

今回はかなり駆け足でストーリーが進みました。

第一回目の戦争が終結するまで行くとは思いませんでした。

原作を知っていると少し物足りなかったところもありますが、戦争シーンはリザードマンとアンデットが入り乱れての大乱闘でとても迫力がありました。

個人的な一番の見どころはロロロの突貫シーンですね。

傷だらけで倒れるまで走り続けた姿には切なくなってしまいました。

さて、いよいよ次回はナザリック勢がリザードマンたちの前に現れ、絶望を与える回になります。

オーバーロードらしい名シーンなので今から楽しみです。

オーバーロード 2期 3話 感想|ぷれぷれぷれあです2

今回も出ましたコキュートスの全裸ネタ。

何度やられても笑ってしまう鉄板ネタです(笑)

アルベドとシャルティアがそれに張り合うという新しい流れが新鮮でした。

美女二人の脱衣のはずなのにちっとも色っぽくないのが笑えます。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク