オーバーロード 2期 9話 ネタバレ&あらすじ&感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

オーバーロード最新作13巻が予約開始です!

↓↓オーバーロード 原作小説最新13巻の予約はこちら↓↓
オーバーロード 13巻 小説

アインズ・ウール・ゴウン死す。

四万の亜人連合の軍勢に包囲された聖王国。

聖王国最強の聖騎士レメディオスの指揮のもと、防衛作戦が実行されるも疲弊した人間軍は亜人の蹂躙を止められない。

王としての約束を果たすため、魔導王アインズは魔皇ヤルダバオトとその配下メイド悪魔にたった一人で立ち向かう。

そして――

紅蓮の炎につつまれた聖王国は救済されるのか――正義に導かれる13巻。

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ あらすじ 感想

オーバーロード 2期 9話のネタバレ・あらすじ・感想をまとめます。

セバス、ブレイン、クライムが八本指が経営する違法娼館に突入しますよ。

クライム君の見せ場と言っても良い回で、強敵サキュロントに果敢に挑みます!

本記事では9話のネタバレを含むので、まだ視聴してなくてストーリーを知りたくないと言う方は読まない方がよいですよ。

それではネタバレにいってみましょう!

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ&あらすじ|予告映像

第 9 話「舞い上がる火の粉」Soaring sparks of fire

ツアレを守るため、セバスは犯罪組織《八本指》が経営する娼館へ突入を決意する。協力を申し出たブレインとクライムは、セバスが正面から乗り込み敵を撹乱している間に裏口から侵入することに。裏口の近くで待機するクライムの前に、異変を察して隠し通路から逃げてきたコッコドールが現れる。その護衛は、凄腕が集められた《六腕》の一人“幻魔”のサキュロント。クライムは、彼らの逃亡を防ぐべくサキュロントと対峙する。

脚本:武井風太/菅原雪絵 絵コンテ:寺澤和晃 演出:安部元宏 
作画監督:王國年

公式サイトより

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ&あらすじ|突入

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ あらすじ 感想

セバス、ブレイン、クライムははツアレが働かされたいて娼館の前まで来ていた。

先ほど襲ってきた暗殺者から聞き出したところによると、正面入り口の他にもう一つ入り口があるらしい。

セバスは正面から、ブレインとクライムは裏口から突入することにした。

抵抗した相手は容赦なく殺していくと穏やかに語るセバスに冷や汗を流すブレインとクライム。

それで問題ないかと問うセバスに、クライムは少人数なのでやむを得ないと答えつつ、八本指の幹部はできるだけ捕まえて欲しいと願う。

セバスは自分は殺人鬼ではないのだから皆殺しにしたりはしないとほほ笑んだ。

ブレインとクライムが裏口に走ると、セバスは鋼鉄でできた正面扉に手刀で穴をあけ、堂々と中に入っていく。

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ&あらすじ|スタッファンのあっけない最後

裏口から侵入したブレインとクライムは、1階にいる娼館の者たちを倒すとクライムのマジックアイテムで地下への扉を見つけた。

さらに別のマジックアイテムで扉の罠を解除し、二人は地下に降りていく。

その頃、セバスの屋敷に訪れサキュロントとともにセバスを脅迫した巡回使のスタッファンは娼館の地下の一室で無抵抗な女性を殴りつけていた。

スタッファンは無抵抗な女性を殴りつけて快感を得る性癖の持ち主で、ツアレも逃げ出す前にスタッファンの相手をさせられていた。

お楽しみのスタッファンのもとに、セバスが現れる。

セバスは殴るのがお好きなのかと尋ねた後、スタッファンの両頬を交互に殴りつける。

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ あらすじ 感想

憤るスタッファンは、セバスがベッドに倒れている女性に気を取られているうちに部屋から逃げ出し、助けを求めた。

しかし誰も出てこない。

セバスに全員殺されたか気絶させられていたからだ。

なぜこのようなことをするのかと本気で疑問に思っているスタッファンに対し、セバスは生きる価値なしとあっけなく蹴り殺した。

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ&あらすじ|クライムの死闘

地下に侵入したブレインとクライムは慎重に中を進む。

奥が騒がしい様子に、ブレインは単独で調査しにいくことにした。

クライムは入り込んだ部屋に残り、その部屋を調べることにした。

その最中、六腕のサキュロントと娼館部門長のコッコドールが現れる。

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ あらすじ 感想

剣を構えるクライムに対し、コッコドールはクライムがラナー王女のお気に入りの兵士であることに気づき、捕まえるようにサキュロントに要請する。

迫るサキュロントに対し、クライムは大声でブレインとセバスに助けを求めた。

援軍が現れるのを恐れたサキュロントはクライムを捕まえるのは難しいと考え、クライムを殺すことにする。

襲いかかるサキュロントを迎え撃つクライムだが、見えている剣は通り過ぎ、見えない剣により切り付けられる。

サキュロントは幻術の魔法を得意とする魔法剣士だった。

カラクリを見破ったクライムはサキュロントに一太刀浴びせ、倒せたことに安堵した。

しかし、その瞬間背後から剣で刺される。

倒したサキュロントすら幻術だったのだ。

クライムは一度は倒れたものの、立ち上がってサキュロントに切りかかる。

致命傷にもかかわらず向かってきたクライムに驚愕するサキュロントであるが、難なくこれを退けた。

そして再び膝をついてしまったクライム。

留めを刺されそうになったとき、ブレインが間に合う。

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ&あらすじ|ブレインの一撃

ブレインの名乗りに対し、サキュロントとコッコドールはかつて王国戦士長ガゼフと互角に闘った男が目の前に現れたことを知る。

驚愕する二人だが、サキュロントはすかさず六腕に入らないかと勧誘しだした。

サキュロントは六腕に来れば高価なマジックアイテムや武器でさらに強くなれると、ブレインの強さを望む欲求に訴えかける。

しかしシャルティアにより思い知らされた絶対的な強者との力の差を思えば、そのような小細工による強さに何の魅力も感じなかった。

あっさり断ったブレインに対し、サキュロントはブレインとクライムを殺すと叫び、幻術を発動して襲い掛かる。

ブレインは武技『領域』を発動してこれを迎え撃った。

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ あらすじ 感想

サキュロントは正面からブレインに襲い掛かったが、ブレインは背後にかばっているクライムの背後を切り付け、サキュロントを倒した。

正面からきたサキュロントは全て幻術で、実体はクライムを狙っていたのだ。

しかし見えない敵をも知覚するブレインの領域の前には無意味だった。

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ&あらすじ|それぞれの帰った先で

戦闘を終えたブレインの前にセバスが現れ、コッコドールを捕らえた。

ブレインは自分の領域でさえ知覚できなかったセバスに改めて畏怖を覚える。

娼館の関係者をまとめて王国兵士に突き出した3人は、それぞれの帰路につく。

屋敷に戻ったセバスの前に、ナザリックのメイド服を着用したソリュシャンが現れ、アインズが待っていると告げる。

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ あらすじ 感想

城に戻ったクライムはラナーに今日あったことを報告する。

勝手なことをしたと謝るクライムだが、ラナーは近日中に八本指の拠点を複数一気に叩くつもりだったので、その踏ん切りがついたとクライムを慰める。

ガゼフの家に戻ったブレインはガゼフと酒を飲みながら夕食をともにしていた。

クライムの働きを誇らしげに語るブレイン。

ブレインはクライムには才能はないが心の強さでは自分以上だと語る。

ガゼフも嬉しそうにしつつ、ブレインを恐怖させた化け物が気になっていた。

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ あらすじ 感想

ブレインはシャルティアに会っても戦うなと忠告するが、ガゼフはもしシャルティアが王国に牙をむくなら死力を尽くすと語る。

クライムを見送ったラナー王女は、本日自分付けのメイドを呼び、クライムの活躍を嬉しそうに語る。

しかし、内心ではクライムを見下しているこのメイドや他にクライムをバカにしている者全てを殺すと呪詛を吐き続ける。

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ あらすじ 感想

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ&あらすじ|六腕のゼロ

六腕のリーダーであるゼロは自分の部下であるサキュロントが倒され、護衛を依頼してきていたコッコドールを捕まえられてしまったことに対して憤っていた。

コッコドールの護衛はビジネスではあったが、このまま襲撃者を野放しにしては自分たち六腕の評判が落ちる。

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ あらすじ 感想

ゼロはもはや損得なしに襲撃者を見せしめにしなければならないと息巻く。

六腕のメンバーを集め、そのことを説明したゼロは、襲撃者に対してこの世の地獄を見せてやると闘志を露にする。

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ&あらすじ|ぷれぷれぷれあです2

オーバーロード 2期 9話 ネタバレ あらすじ 感想

ぷれ2の9「舞い上がる人ら」

第四部署に行ってないことを思い出したアインズは、ルプスレギナを連れていくことにする。

ところがそこにアルベドが自分も行くと強硬に主張する。

第四部署は戦略級ゴーレムのガルガンチュアがいるはず。

どんな部署なのか気になるアインズが第四部署の部屋に行くと、広い部屋にガルガンチュア部長がポツンと一人だけいた。

そして眠っていた。

ルプスレギナによれば、ガルガンチュア部長はいつも寝ていて、この広い部屋はいつもやりたい放題だという。

アルベドが付いてきた理由は、大声を出してやりたい放題できるこの部屋にアインズとルプスレギナを二人で行かせるわけにはいかないというものだった。

呆れるアインズに対し、「やりたい放題」と連呼して興奮するアルベドとルプスレギナである。

オーバーロード 2期 9話 感想|本編

クライム君がんばりましたね~

刺されて死にそうになりましたが、力尽きるまで立派に戦いました。

そしてブレインが強い!

シャルティアの前では尻尾巻いて逃げ出すという情けない姿を見せましたが、さすがガゼフと互角と言われるだけあります。

セバスは安定の強さで、戦闘シーンすらありませんw

ラナー王女の本性も少し出ましたね。

クライムのこと以外は全てどうでもよい彼女なので、クライムの敵には容赦ないです。

六腕も気になりますが、セバスを待ち受けるアインズの方が気になりますね。

さてさて次回セバスはどうなってしまうのか!

すぐに続きが知りたい方は原作をどうぞ↓

オーバーロード5 王国の漢たち [上]

オーバーロード6 王国の漢たち [下]

オーバーロード 2期 9話 感想|ぷれぷれぷれあです2

せっかく出てきたガルガンチュア部長、寝ているだけって……

そしてアルベドは存在感あり過ぎです(笑)

彼女が出てくると全部持っていかれますね。

小ネタですが、オーバーロードがWeb連載されていた時はアルベドっていないキャラだったんですよね。

それが小説として出版されるときになって新たにマーレとともに追加されたキャラです。

しかしその存在感と破壊力は凄まじい……

さすがヒロイン?です。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク