オーバーロード 2期 11話 ネタバレ&あらすじ&感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

オーバーロード最新作13巻が予約開始です!

↓↓オーバーロード 原作小説最新13巻の予約はこちら↓↓
オーバーロード 13巻 小説

アインズ・ウール・ゴウン死す。

四万の亜人連合の軍勢に包囲された聖王国。

聖王国最強の聖騎士レメディオスの指揮のもと、防衛作戦が実行されるも疲弊した人間軍は亜人の蹂躙を止められない。

王としての約束を果たすため、魔導王アインズは魔皇ヤルダバオトとその配下メイド悪魔にたった一人で立ち向かう。

そして――

紅蓮の炎につつまれた聖王国は救済されるのか――正義に導かれる13巻。

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ あらすじ 感想

オーバーロード 2期 11話のネタバレ・あらすじ・感想をまとめます。

今回はセバスによるツアレの救出劇がメイン……かと思いきや、それはおまけみたいなもので中心はエントマと蒼の薔薇との激しい戦闘です。

あまり出てこなかったエントマが派手に暴れまわりますよ!

そしてエントマちゃんの隠された乙女の秘密もいろいろと明らかに!

本記事では11話のネタバレを含むので、まだ視聴してなくてストーリーを知りたくないと言う方は読まない方がよいでしょう。

それではネタバレにいってみましょう!

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ&あらすじ|予告映像

第 11 話「ヤルダバオト」Jaldabaoth

アインズ・ウール・ゴウンに盾突く行動をした《八本指》を誅殺すべく、ナザリックの精鋭部隊が王都に集結した。指揮官のデミウルゴスの指示のもと、《八本指》の拠点を襲撃する。時を同じくして、ラナーたちも動きはじめていた。レエブン候やザナックの協力も受け、集められた冒険者や兵士たちを編成し、《八本指》の拠点を制圧しようとする。ブレインや冒険者たちとともにそのひとつに向かったクライムは、セバスと遭遇。再びセバスと共闘することに。

脚本:関根聡子 絵コンテ:伊藤尚往 演出:寺澤和晃

公式サイトより

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ&あらすじ|デミウルゴスの作戦

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ あらすじ 感想

王都の屋敷にデミウルゴス、マーレ、シャルティア、ユリ、ルプスレギナ、エントマ、シズがやってきた。

集まった目的はアインズ・ウール・ゴウンの名のもとに保護されたにも関わらず八本指に攫われたツアレを救い出すこと……はあくまで副次的なことで、本来の目的はアインズに唾を吐きかけた八本指を誅することである。

今回はデミウルゴスが指揮を取り、八本指の拠点8箇所を襲撃することになった。

あくまでツアレはおまけだとセバスに釘を指すデミウルゴス。

セバスは承諾し、それでもこれだけのメンバーを派遣してくれたアインズに感謝する。

デミウルゴスはソリュシャンにセバスの支援を命じ、シャルティアにはバッドステータスに陥るスキル《血の狂乱》を理由に屋敷での待機を命じる。

セバスが部屋を出た後、デミウルゴスはセバスに教えない作戦の第二段階『ゲヘナ』について語りだすのだった。

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ&あらすじ|王国の戦士たち

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ あらすじ 感想

王城では蒼の薔薇の指揮のもと、八本指の8箇所の拠点への襲撃準備が進められていた。

もともとの襲撃予定は7箇所だったため、8箇所目は手が足りず、他の拠点を先に落とした者から早い者勝ちで攻めることになった。

集められた冒険者や兵士たちはそれぞれ武装の準備をする。

クライムもそんな集団に混ざり、白銀に輝く自慢のミスリルの甲冑をマジックアイテムで目立たない漆黒に染めていた。

ブレインとクライムが今回チームを組むオリハルコン冒険者チームと語り合っていると、ガガーランが近づいてきて二人に声をかける。

ガガーランはブレインがクライムを任せて大丈夫な男か見に来たようだった。

ブレインはガガーランからしても強者らしく、クライムを任せても余裕だろうと語り去っていった。

そしていよいよ時間になり、集まった戦士たちはそれぞれの襲撃場所に向かい進撃する。

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ&あらすじ|六腕 vs セバス

クライムたちは担当する拠点に付くと、チームメンバーのロックマイヤーが不可視化の魔法で中を偵察してきた。

中には六腕の5人と思われる人物と牢屋の中に女性が一人囚われているという。

六腕がここに揃っているのは他の襲撃拠点を攻め落とすには好都合だが、ここにいるメンバーだけではこの拠点を攻め落とすのは難しい。

クライムたちは一旦撤退を検討するが、拠点の前にセバスが現れた。

セバスはクライムたちに気づき近寄って話しかける。

セバスはツアレがここに囚われていることを伝えると、クライムたちはおそらく囚われている女性がそうだろうと語る。

臨時でセバスはクライムたちとチームを組み、協力してツアレを助け出すことにした。

セバスが正面から六腕と対決し、その隙にツアレをクライムたちが救出するのだ。

セバスが拠点の門に着くと、すぐさま奥に通される。

そこでは六腕のうち4人が待ち構え、セバスを嬲り殺しにしようとしていた。

そしてその様子を見物しようと大勢の観客が六腕とセバスを囲んでいた。

セバスを侮る六腕と観客たち。

六腕の4人はそれぞれ名乗りを上げるが、その中に『不死王デイバーノック』と名乗るアンデットが混ざっていた。

セバスは自身の主人であるアインズにこそ相応しい『不死王』を不遜にも名乗るデイバーノックを不快に思い、一撃で倒してしまう。

返す拳で残りの六腕も瞬殺してしまう。

一方、拠点に侵入したクライム、ブレイン、ロックマイヤーは牢屋の前にたどり着き、鍵を開けてツアレ?と対面することが叶うのだった。

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ&あらすじ|エントマのお食事

麻薬部門長ヒルマの屋敷に潜入したエントマとマーレは中の兵を掃討しつつ一番偉い人物を探していた。

ヒルマは夜中の物音に起きだし、屋敷を見て回った。

するとホールに幼い女の子を見つけ、声をかけようとする。

しかしその体つきが少年のそれであることから、ヒルマは色香で惑わせようかと近づく。

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ あらすじ 感想

少年、マーレは、この屋敷であなたが一番偉い人かと尋ね、ヒルマがそれを認めると安堵する。

その時マーレの背後から人の腕を持った不気味な少女、エントマが現れた。

驚くヒルマにマーレは杖を振り上げ、その足の骨を砕いた。

マーレは倒れて痛みに悶えるヒルマの髪を掴み、そのまま引きずって屋敷の外に出ていく。

残ったエントマは屋敷の中の物を、使役する蟲に運び出させて自分も撤収しようとした。

しかしまだ食べかけの腕を持っていることに気づき、その場で食事を始める。

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ あらすじ 感想

そこに戦槌を構えたガガーランが現れた。

エントマはお互い見なかったことにしようと提案するが、ガガーランは人食いの化け物を放置はできないと襲い掛かる。

しかしガガーランの攻撃はエントマに悉く防がれ、途中から参戦したティアもエントマに歯が立たず、大きな怪我を負わされてしまう。

二人がエントマに止めを刺されそうになった時、空からイビルアイが巨大なクリスタルとともに降ってきた。

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ&あらすじ|イビルアイの力

イビルアイはエントマの実力を見抜き、ガガーランたちよりは強く、自分よりは弱いと告げる。

さらにメイド服を着ているエントマに対し、お前のような血なまぐさいモンスターをそばにおいて喜ぶ者がいるとは思えないと挑発する。

これに対して怒り狂ったエントマはイビルアイに襲い掛かるが、イビルアイのオリジナル魔法である殺虫魔法によって大ダメージを受ける。

エントマは種族が蟲なのでイビルアイの殺虫魔法は相性が最悪だった。

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ あらすじ 感想

エントマの顔に張り付いている蟲がはがれ、その下からエントマ本来のおぞましい蟲の顔が現れる。

さらに喉に張り付けてかわいらしい声を出していた口唇蟲も落ち、声もおどろおどろしいものになってしまった。

怒りに震えるエントマはイビルアイたちに襲い掛かるが、そのたびに殺虫魔法を浴び、攻めきれない。

怪我を回復させたガガーランとティアも加わり、エントマは総攻撃を受けてついに倒れてしまう。

イビルアイたちは勝利を確信し、止めを刺そうとするのだが……

スポンサーリンク

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ&あらすじ|仮面の男

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ あらすじ 感想

突然現れた仮面の男。

彼はエントマにここは自分にまかせて引き上げるように言う。

エントマが離脱するのを見届け、仮面の男はイビルアイたちに向き直る。

イビルアイは仮面の男が化け物中の化け物であることを悟り、ティアとガガーランに逃げるように震える声で告げた。

ガガーランたちは恐怖に震えるイビルアイに驚きながらもその言葉に従いその場から離脱する。

仮面の男は、イビルアイが逃げられないように転移の魔法を阻害する魔法をかけ、逃げ出したガガーランとティアに炎の魔法を投げつける。

手加減したつもりだったが、その一撃でガガーランとティアは死亡した。

仮面の男はあまりのあっけなさに呆れつつイビルアイにお悔やみ申し上げた。

仲間を殺され、そしてふざけた態度の仮面の男に対しイビルアイは魔法を打ち込むが、全て無効化されてしまう。

あまりの実力の違いに愕然とするが、それでも戦意を失わず、イビルアイは特攻をかけた。

その時、二人の間に空から漆黒の戦士が降ってきた。

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ&あらすじ|ぷれぷれぷれあです2

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ あらすじ 感想

ぷれ2の11「ヤバイヤツダ」

第9部署に行く途中で社員食堂を見つけたアインズ。

アルベドとともに中に入り、様子をみることに。

現実の世界でアインズ、鈴木悟が勤めていた会社は小さかったので、社員食堂はなかった。

なのでアインズはワクワクしながら何か頼もうかと考えていた。

食べられないけど。

アルベドはそんなものより自分の愛妻弁当をと差し出すが、アインズにスルーされてしまう。

そこに現れたのは執事助手のエクレアだった。

エクレアはギルドメンバーに冗談でナザリックの支配を目論んでいるという設定をつけられているため、この世界では社長の椅子を公に狙っていた。

軽々しく将来は自分が社長になると語るエクレアをアルベドは首にしようと提案するが、アインズは止めるのだった。

オーバーロード 2期 11話 感想|本編

六腕はセバスに瞬殺ということで全く活躍しませんでした。

もうちょっと引っ張ってあげてもと思わなくないですが、怒るセバス相手にはそんなものですよね。

それはおいといて、今回の主役はなんといってもエントマちゃんでしょう。

彼女が登場するだけでホラー映画になっちゃいます。

このシーンとか何度見てもゾっとします↓

オーバーロード 2期 11話 ネタバレ あらすじ 感想

夢に見そう……

普通に人の腕とか食べちゃうあたりがヤバい。

ガガーランとティアとの戦闘では多種多様な技やスキルを見せてくれました。

アニメ1期のシャルティアとアインズとの戦闘以来の派手な戦いを演じてくれましたね。

しかしイビルアイの殺虫魔法はずるい!

エントマどうしようもないじゃん、ってくらい致命的な魔法でした。

そして倒れるエントマ。

ナザリック勢が負ける珍しいシーンです。

そして突然落ちてくる至高の御方。

アインズ様何やってんの?(笑)

全く活躍できなかった六腕の4人については小説版ではもう少しだけ詳しく書いていたりします。

空間斬ペシュリアンとか、せめて二つ名の由来くらい話させてあげたらよかったのに……

アニメだけ見ている人は全く分からないでしょう。

知りたい方は原作小説を読みましょう↓

オーバーロード5 王国の漢たち [上]

オーバーロード6 王国の漢たち [下]

オーバーロード 2期 11話 感想|ぷれぷれぷれあです2

みんな大好きエクレアさんの登場です。

アインズに忠誠を誓いつつ社長の座を狙うという器用なこととをするエクレア。

なんというか、見た目も相まってウザ可愛いキャラです。

そして一切触れられてないですが、背後のデスナイトが社食を食べているのがとてもシュール……

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク